【PC紹介】PC初心者がPCを自力で選ぶのは難しいというお話【買い方講座#1】

ノートPCは大学生の必需品!

 今やノートPC(ノートパソコン)は大学生の必需品になり、大学生全体での所持率は90%を超えています!

www.nec-lavie

よほどの事情がない限りは、ノートPCを所持するのが無難な選択と言えるでしょう。

 さて、新大学生の皆さんはノートPCを4月までに用意しなければいけないわけです。

そこで、今回ノートPCの買い方からおすすめ機種まで紹介するということです。

f:id:Gadget_Neko:20210202003002j:plain

 

 

そもそもどこで買うべき?

「よし、PC買うぞ!」と意気込んだものの、どこで買えばいいのか・・・

家電量販店?ネット?生協?選択肢はいろいろありますが、どこで買うべきかは人によって違います。

 

結論としては、楽天bic(楽天市場)を経由して、ビックカメラで支払いをする!

がオススメです。

こちらの方法であれば、ネット(楽天市場)と同じ価格で買うことができ、家電量販店の保証をつけることもできます(有料)!更に、楽天ポイントを獲得することもできます!

 

手順を解説いたします

1 店舗で自分の購入したいPCを決定する!

2 一度家に帰る←一旦、帰宅してきちんと検討しましょう!大きな買い物ですので、ミスは許されません。 厳密には、その場での購入も可能ですが、お勧めしません。

3 楽天bic(楽天市場)からPCを検索

4 ビックカメラの来店予約をする

5 実店舗で支払いを行う

 

細かいルールなどについては下記ページ(楽天市場)をご覧ください。

biccamera.rakuten.co.jp

さて、店舗別の基準は下記の通りです。

家電量販店(楽天bic経由含む)→すぐにPCが欲しい! ネットで買うとミスが起こりそうだから怖い! ある程度の保証が欲しい!

 

ネット→とにかく安く買いたい! 保証はそんなに手厚くなくてもいい! お店に行くのが面倒だから、家で完結させたい!

 

生協→とにかく安心安全の保証がいい! PCが壊れたときはすぐに相談できる環境が欲しい! 

 

ちなみに、最強の保証&サポートはどこかと言われたら、生協です。生協の保証は「コーヒーをPCに溢した!」「ペンを挟んでPCを閉じて液晶が割れた!」など通常なら保障対象外になるものについても対象になります。ただし、生協のPCは値段が高いので、そこは注意です。

 

何を基準に選ぶの?

「PCを買う店も決まったけど、どれを選べばいいの?」

これが一番大きな問題ですね・・・

 

「安いから、これでいいや!」とテキトーに買ってしまうと、結局買いなおすことになってしまうので、気をつけましょう。

 

PC選びのポイントは下記の3つです。

 

性能→これが一番重要です。細かい性能については以下の通り。

基準は”WordとYoutubeChromeを同時に開いても快適に使える”です。

この三つを同時に開いて快適に使えれば、基本的には大学生のPC選びとしては合格点。

 

携行性→重かったり、大きかったりすると、とにかく辛いです。

目安は13インチ、1.5kg以下です。重くて大きいものは持ち歩く気が失せます。

イメージとしてはの体育の授業がある日は鞄が重くて、かさばった経験があるはず。

あの状態になります。

 

バッテリー→充電器を持ち歩くか、充電頻度などに影響します。

目安は10h使えるもの。短いとバッテリーを気にするために、ストレスになります。

 

+α カメラ:オンライン授業の現在は、これがないと実質的に”詰み”です。

カメラの無いPCを買ってしまった方への救済策についても今後記事を書きますので、

ご安心ください。 

下の画像みたいにカメラを別付けすることになります。面倒なので、カメラ付きを買いましょう。

 

f:id:Gadget_Neko:20210202003223j:plain

 

ちなみに・・・

ネットに蔓延る『オススメPC〇選!』は結構クソ記事が多いです!

あの手の記事はアフィリエイト収入目当てで、高い値段のPCや買う人を考えずに、ネット購入(amazon/楽天が最強!など)をゴリ押しするとか酷いです。

※当記事の楽天bic経由の購入は実店舗での品定めも保証サービスも可能なので、例外です。

 

また、当記事はアフィリエイト等行う予定はないので、私の厳正な判断と曇りなき眼で見定めたPCを紹介していきます!

 

”普通に”使えるPCっていくらなの?

さて、やっぱり気になるお値段。いくら必要か?

 

注意!:値段=性能ではありません!あくまでも傾向です!

今回私が紹介するPCだと以下のような区分けになるというだけです。

全てのノートPCがこうという訳ではありません!

 

15万円↑ 最強PC:ゲーム作成・重たいFF15などゲームも全部やりたい人向け

娯楽ゾーン

 

10万円 快適PC:APEX・原神・文化祭の動画編集など少し重めの作業もやりたい人向け

快適ゾーン

 

8万円 普通のPC:授業・Youtubeでの動画視聴など”普通に”使えるPCを求めている人向け。

普通ゾーン

 

5万円↓ 使えるけど、時折不便なPC:一応は紹介しますが、あまりお勧めしません。

お金に余裕がなくて・・・という方向けです。使い方に工夫が必要だったり、レポート作業時にWordとネットを同時に動かすのが厳しいなど不便が生じます。

不便かもゾーン

 

こんな感じです。それぞれの具体的なPC例などは次回の記事で紹介します。

 

ということで、次回の記事ではノートPCの選び方とおすすめ機種を紹介します。

では、次の記事でお会いしましょう!

サラバ!